シングルマザーのテレフォンレディ

ずっとシングルマザーとして子供5人を育てているためとにかくお金が必要な我が家です。
子供を育てながら高いお給料をもらえる仕事ってなかなかありませんからそれはもう大変だったのです。
母が1人で何もかもやろうと思えば行動も制限されてしまうので時給の安いパートがせいぜいという現状なんですよね。

できることならば在宅での仕事を希望していましたが探しても出てくるのはどこも怪しげなものばかりでした。
最初にお金が必要だったりするのは止めておいた方がいいと友人から聞いていたし何せ資金調達できません。

希望としては0円で始められる在宅のお仕事が理想的なんです。
たまたま雑誌の広告にテレフォンレディの募集があったのですぐにお話を連絡を取り働くことになったんです。
「広告には誰でも無理せず高時給」といった嬉しい文言もあり半信半疑でしたが体当たりでチャレンジしてみないことにはわかりませんよね。

それからというもの子供たちが保育園や学校に通いだしてからの昼間はテレホンレディをしこしこ頑張りました。
できるだけ長い間男性と話ができないとお金にはならないのでその分男性が喜びそうな話題を提供するなどして工夫したんです。
例えば男性は楽しく話したいというより欲求を甲斐性したいというニーズの方が多かったのでそれに合わせるようにしたのです。
やはり男性側としても高いお金を払っているのですからスッキリしたいというのも理解できるので協力はできる範囲でするようにしました。

子供を育てる母としては最初そのような会話に抵抗がなかたったわけではありません。
でも男性と話していく内に忘れていた女としての求められる喜びも感じらえるし病気の心配もないわけなのでそれ程気にしないようにしていました。
これが実際に会ってどうにかなるなら断っていましたが自宅でお金をもらいながらできるお仕事としてはかなり高時給で魅力的だったのです。

たまに普通の会話をして癒やされたいといいう男性の方もいていい骨休めになりましたね。
奥さんや会社の愚痴を聞いてあげることでスッキリした様子で感謝の言葉を聞いた時などにやりがいを感じました。

大体毎日6時間ぐらい利用していましたが電話料金はもちろん無料で女性側の負担はありませんでした。
お給料的には時給1500円ぐらいだったんですが待っている間はカウントされないので正味1000円ぐらいでしょうか。
それでも片田舎としては破格の時給だったこともあり子供たちが大きくなるまで続けたいと思える素敵なお仕事でしたね。


PAGE TOP