ノンアダルトのチャットレディをやってみましたが思ったより稼げました

今回の「チャットレディ・テレホンレディお仕事体験談」は、あんずさん(26歳 北海道 主婦)からの投稿です。

あんずさんははじめはアダルト系のチャットレディをやっていましたが、抵抗がありやめてしまいました。
その後ノンアダルトのチャットレディをはじめました。
アダルト、ノンアダルト両方をやってみたあんずさん、その違いはどのようなところにあったのでしょうか?
アダルト系じゃなくても稼げました
アダルト系じゃなくても稼げました

私が最初にチャットレディを始めたのは知り合いに紹介されたのがきっかけでした。

はじめはアダルト系のチャットレディをやっていました

そのチャットレディはアダルトだったみたいで、マンションの一室を一人一人に貸し出し、好きな時間、好きなタイミングでチャット可能でした。

住み込みでの仕事も可能だったようですが、私は通う方を選びました。

脱ぐのに抵抗があったのですが、やっていくにつれて、実際に会うわけでもないし抵抗感が薄れて脱ぎそうになりましたが、なんとなく割りに合わない気がして、やめました。

チャットレディはきちんとしたサイトを使わないと動画保存されて拡散されることもあると知ったのもありました。

ノンアダルトに切り替えました

また、自分で調べると部屋や設備を提供して頂いているので、実際サイトから頂くお金の半分くらいしか自分に入ってこないことに気づき、ノンアダルトをやるなら自分でやろうと思いました。

ノンアダルトは、簡単なようで難しかったです。

基本的にチャットレディのアダルトは性欲を満たすだけが多いのでそれに応えるだけですが、ノンアダルトの場合、コミニュケーション能力があまりない方が多いので、会話が通じなかったり、意味ないことでキレたり、ノンアダルトなのに会話だけで興奮して、自分の性器を送りつけてきたり、恋愛をあまりしたことがない方も多数いらっしゃるので、他の人と話していたら嫉妬してしまったり、出会い目的で会おう会おうといってくる方も多かったです。

ごく稀にいい方もいらっしゃって、お話が弾むこともありますが、チャットレディも1つの仕事なので、需要のある客層というのが気むずかしい方が多いのが現状です。

楽して稼ぐというよりも、会話が大好きで、そういう方々にも気を配れて上手にコミニュケーション取ることが得意な女性はチャットレディというお仕事が向いていると思うます。

ノンアダルトでも稼げます

チャットレディを通して、様々な方とお話ししてきて、いいことも悪いこともたくさん吸収できたような気がします。

最近のチャットレディはスマホ1つあれば、お仕事できるサイトが増えてきてますので、少し気になる方はノンアダルトのチャットレディに登録してみるのもいいかもしれません。

そこで向いていたと感じれば、空いた隙間に気軽にできますし、お家にいながらお仕事ができるのでわざわざ出勤という形を取らなくていいので続けてみるのもいいかもしれません。

ちなみに金額のお話をすると個人差がかなり大きいですが、ノンアダルトでしたら私の場合時給2000円から3000円ほどで、月収20-30万コンスタントに稼いでいました。

しかし、そうするには1日の中で結構パソコンに向き合ってる時間が必要ですし、リピートしていただけるようにサイト内のメールや、お客様に合わせてインすることも必要ですので、自分の好きな時間だけとなると、言うほど稼げないと思います。

顔バレはまずありません

アダルトはやらなくても良かったかなーとは思いますが、ノンアダルトは大変でしたが色々勉強になることもあったので、ノンアダルトに関してはやってよかったです。

ちなみに顔バレはみなさん年齢、出身をごまかして、さらに最近はマスクをしている方が多いのでバレるリスクは少ないかと思いますが、どうしてもバレたくない方は顔だししなくてもいいサイトを探すといいかもしれません。

いくら会わないと言っても、やはりお話しするお仕事ですので、お金払う側はお顔を見たい方が多いので顔出ししないで稼ぐのはさらに難しいと思います。

可愛ければいいといわけではありませんが、愛想がいい方はやっぱり有利かなっと思います。

愛想が良くお話しきちんと聞いてあげられる方は向いているお仕事だと思います。

あんずさん投稿ありがとうございました。
アダルト、ノンアダルトのチャットレディを経験してきたあんずさんの体験談は参考になりますね。
ノンアダルトでも月収20~30万円稼がれていたそうで、結構稼げますね。
ただし仕事をしている時間は長くなったそう、短い時間でたくさん稼ぐならアダルトなのかもしれません。
またノンアダルトはセクシー要素がないため、愛想や会話の上手さが必要になってきます。
顔バレはアダルトで起きてしまうとリスクは大きいですね。
アダルト、ノンアダルトそれぞれのメリット・デメリットを考えて選択していきたいものです。

PAGE TOP