チャットレディー・テレホンレディーの両方を経験した私の実体験談

今回の「チャットレディ・テレホンレディお仕事体験談」は、あかねさん(38歳 兵庫県 自由業)からの投稿です。

チャットレディー、テレホンレディーのお仕事を始めて知ったあかねさん。
在宅でできるのが魅力で登録してみることになり、実際に初めてみることになりました。
思ったよりも簡単に応募できて、アルバイト先さえ吟味すれば、お給料も結構良かったそうです。
ですが、本業が忙しくなり、2年間で辞めたという経緯の体験になります。
チャットレディとテレホンレディの仕事内容の違い

会社員で一人暮らしをしていた時に、副業で稼げる仕事はないかと探していたところ、チャットレディー、テレホンレディーという仕事を知りました。

在宅で、自由な時間に仕事ができるのがとても魅力的です。

ただ、風俗業に分類される仕事なので、応募するかどうかはかなり迷いました。

本当に応募してよいものかどうか。身分証明書の提出が必須とあります。

応募先は大丈夫な会社なのか。

ネットに記載されている情報しか頼るものがありませんので、イチかバチかの賭けでした。

探り探りで、ドキドキで応募をしてみることになりました

とりあえず、まずは「問い合わせ」という形で、電話で仕事内容等を確認してみよう。

同時に、電話口に出たスタッフの対応などから問題ないかどうか探ろう。

そう思い電話をしたところ、対応されたのは意外にも女性スタッフでした。

仕事の内容的に、てっきり男性スタッフが出るものだと思っていたので、拍子抜けしました。

女性スタッフというだけでどこか安心感を抱きます。

結局、私はその場で応募する流れとなりました。

それでも、身分証明書の提出には抵抗を感じます。

免許証の氏名と生年月日の部分以外はすべて黒く塗りつぶしてWEB提出しました。

念のため、アルバイトを辞める時、個人情報はすべて削除してくれるのかと確認したところ、削除されると言われたので、それも安心しました。

まずは、自分の働くプロフィールを作成しました

そうして、チャットレディー、テレホンレディーデビューに向けて、まずはプロフィール作成から始まり、プロフィール写真登録、専用サイトの設定、WEBカメラ設定など準備万端に行いました。

その後、男性とのやりとりについてや電話が集中する時間帯、顔出しについてなど、一通り説明を受けました。

WEBカメラは実際にきちんと映るかどうか、スタッフと接続テストを行いました。WEB上だけのやり取りだけだったのが、実際にスタッフの顔が見えると、少しホッとしました。

初めてのお仕事は、まずはテレホンレディーから

テレホンレディーからまず始めました。

最初はかなり緊張して、妙なテンションで会話をしてしまいましたが、だんだんと人数をこなすうちに堅さはとれました。

つながった瞬間、即切りされることは普通に多々あります。

年齢をいきなり聞かれて、こちらが答えるや否や、切られることもしょっちゅうです。

失礼な人!と怒りながら、次!次!という感じですぐに忘れるようにしました。

お給料が分給の出来高制なので、肝心なのはいかに長く会話をさせるかです。

冒頭で興味をひかせられるかが勝負だと思いながらやりました。

エロい会話を楽しみたいのか、テレホンセックスをしたいのか、瞬時に要望をキャッチすることはとても大事です。

一応、「ノンアダルト」「アダルト」とチャンネルは分かれていますが、電話をしてくる男性はお構いなしで「アダルト」な会話を求めてきます。

テレホンレディーでは、テレホンセックスに対応できないと稼ぐことは難しいと思いました。

チャットレディーのお仕事もその後やってみることに

チャットレディーは、テレホンレディーよりも一段と緊張しました。

私は、顔出しは絶対にしたくなかったので、カメラは常に胸部が映るようにセットしていました。

裸ではなく、キャミソール一枚という薄着です。

リアルな女の子の姿を演出しました。

映像が見られる分、接続率はテレホンレディーよりも高かったです。

また、お給料も、少しの会話をしただけでこんなに稼いだのか、と思える程、良かったです。

顔出しや脱ぐことをしなくても、それぐらい良かったと感じるので、顔出しをすればもっと稼げると思います。

さらには、脱ぐことができれば、相当稼げるのではないかと思います。

2年ほど働いたあとに、お仕事が多忙でやめることに

わたしは昼間の会社員の仕事が忙しくなったこともあり、2年ほどでテレホンレディー、チャットレディー、どちらも辞めました。

収入としては月に5~6万ぐらいあったでしょうか。

わたしが登録した会社は、報酬アップキャンペーンなど頻繁にやっていたので、稼働時間プラス、キャンペーン報酬などもあって、良かったと思います。

当初は、風俗業ということでかなり抵抗はありましたが、実際に会ってお話するわけではないし、自分から個人情報を言ってしまったり、顔出しさえしなければ、大丈夫な仕事だと思いました。

人と話をするのが好きな方だと、まあエロい会話がほとんではありますが、楽しんでできるかもしれません。

一つ注意点としては、アルバイト登録する会社はよくよく吟味して申し込む必要はあると思いました。

なかなかネットの求人情報だけを見て判断するのは難しいですが、まずは稼働率がどうなのか。

それから、風俗業というイメージから、健全でない業者もあるのではないかと思います。

これからやってみようと思っておられる方は、注意頂きたいなと思います。

タオさん、体験談の投稿ありがとうございます。
チャットレディのお仕事とテレホンレディのお仕事の両方を経験されたあかねさんの体験談でした。

10年ちょっと前であればテレホンレディという電話だけのお仕事もかなり高収入を稼げたのですが、最近の主流はライブチャットやTV電話を使ったチャットレディなので、テレホンレディではあまり大きな金額は稼ぐことが出来なくなっています。
テレホンレディという仕事は未だにありますが、これから始めるのであればチャットレディがいいでしょう。

あかねさんも一番最初のアルバイト登録時にはかなり慎重になっていましたが、その慎重さは凄く大切なこと。
多くのチャットレディ募集サイトがありますが、やはり大手のしっかりとしたサイトに登録をしないと、お給料がちゃんと支払われないなどのトラブルに遭遇してしまうことがあります。
私も以前何度か経験したことがありますが、せっかく頑張って働いたのにそれが無駄になってしまうというのは本当に腹立たしいですし、時間が勿体無いですからね。

当サイトでご紹介しているアルバイト募集サイトは私が経験したことがあるサイトと大手ばかりに絞ってあります。
個人情報もしっかり保管してくれますし、お給料もしっかり支払われますから安心してご登録いただけますよ☆


PAGE TOP