チャットピアでチャトレとして働いていた29歳の私が安定収入を得られるようになった方法

今回の「チャットレディ・テレホンレディお仕事体験談」は、まりこさん(30歳 大阪府 主婦)からの投稿です。

主婦であるまりこさんが29歳の時始めたのはチャットレディのお仕事でした。
選んだサイトはチャットピアというサイトで人妻専門のライブチャットです。
始めたての頃は、リピーターさんを付けることを意識したというまりこさん。
その為に工夫したことや、逆に大変だったこと等、チャットピアで働いた感想を赤裸々に語ってくださいました。
チャットレディ体験談
チャットレディとして安定的に稼ぐ方法

チャットピアというサイトで、在宅チャットレディの仕事をしていたときの体験談です。

29歳の時にチャットピアでお仕事開始

数あるチャットレディサイトの中で、チャットピアは比較的マダム、人妻系をコンセプトにしているので、20代の若い女の子ではなくては!ということもなく、30代、40代のチャットレディも沢山在籍していました。

当時私は29歳だったものの、少しでも若い設定をしたく2歳ほど年下にプロフィールを偽っていましたが、今考えるとそんなことをしなくてもいい年齢でしたね。

私はチャットピアを活用する数年前にファンザなどのサイトで既にチャットレディ経験が少しばかりあったのですが、ファンザと比較すると客の入りは悪かったように思います。

それでも仕事内容としては他サイトとさほど変わらず、画面も操作しやすくわかりやすかったです。

新人の期間は男性客が入室するのが半額になっています。

なのではじめはあまり待機時間なく客も入ってきてくれました。

待っても10分程度でしょうか。

チャットレディで稼ぐために意識した事

私なりに少しでも多くの報酬を得るため、頑張って新人期間のうちにリピーターをつけること、少しでも会話を引き伸ばすことを意識して取り組んでいました。

大体客の大半はエロ目的で脱ぐことなどをすぐに強要してくるのですが、とっとと脱いでしまうとチャットの時間を引き伸ばせません。

できるだけ普通の会話をして、相手がエッチなことを希望してきてもじらせるだけじらす、を徹底してました。

具体期には「おっぱいみせてよ」と言われても、「恥ずかしい」とモジモジしてみたり、脱いでしまうときも着替えのようにスパッとやるのではなくて、ゆっくりを意識。

少しずつ体のパーツをみせていきました。

時間稼ぎにもなりますし、動きがゆっくりのほうが男性も「セクシーにみえる!興奮する!」との声がありましたから。

また男性からのリクエストで多かったのはM字開脚です。

あそこをみせるのは禁止なのですが、

パンツを履いてたり、手で隠してるならオッケーです。

M字になった状態で、よくパンツに手を入れて一人エッチをさせられてましたね、、(笑)

歴代の彼や旦那の前でもそんなことしたことないし、もしやれって言われても恥ずかしくてやらないのですが、仕事となると切り替えてできちゃいました。

でも実際それでイったことはなく、イったフリをした演技なんですけどね。(笑)

多少気持ちよくなってしまうのは否めませんが。

チャットレディのメリットとデメリットと稼ぎ

ただ少しきついのは生理のときです。

さすがに生理のときにそうゆう気分にもなれませんし、生理用品や血を隠すのも大変でした。

しかし生理の日も休むことなく黒い下着でタンポンを入れて頑張ってました。

そんなこんなで、チャットが終わったあとのメールも欠かさないようにして、なんとかリピーターさんも数人でき、安定してくると月8万ほどは稼げるようになってきました!

チャットレディをする上で不安なことといえば動画流出や、夫へバレてしまうことなのですが、私は顔全体は晒していませんでしたし、きっとそのあたりは大丈夫だったと思います!

サイトの方に尋ねると、顔出ししてもスクショなどはできないようにセキュリティをしっかりしてる、と言ってましたが、サイト上でセキュリティをしっかりしてても、スマホさえあればカンタンに動画なんて撮られてしまうんじゃないか?と懸念してました。

売れっ子の方はほぼ顔出ししてましたが、そういうこともあり私は口もとか下のみで出演でしたね。

ただいつもお相手してくださるリピーターさん数名にだけはちらっとサービスで顔を見せてしまったことはありますが(笑)

それから子育てが忙しくなってきたこともあり、チャットレディは辞めたのですが、外に働きに行けないお母さんにも抵抗さえなければ稼ぎやすい副業だなぁと思います!

まりこさん、体験談の投稿ありがとうございます。
チャットピアは、人妻系のライブチャットになります。
30代・40代以上の女性が主に活躍しており、顔出しも必須ではないので安心して働けることに定評がありますね!
2ショット時は時給最大4,500円、パーティチャット時は一人当たり3,000円なので二人のお客様に見てもらえると時給6,000円…と、効率よく高額な時給が狙えてきます。
まりこさんのおっしゃる通り、ライブチャットではスタートダッシュが重要です。
当サイトで紹介しているような、お客様を魅了するコツを是非実践して、固定のお客様を是非複数人見つけてくださいね!


上へ