ポケットワークで出会った変な男達

私は1年程前、ポケットワークでアルバイトをしていました。

会員の男性達はもちろんエッチなことが目的の人や疑似恋愛に浸りたい人が大半です。

しかし、何が目的か分からない少し変わった方も中にはいらっしゃいました。

私はチャットレディとして働いていたことを周りに内緒にしており、この変わったお客さん達の事を話すことが出来なかったのでここで2人の男性の話をさせて頂きます。

①歌うお坊さん

チャットルームに入ってきて私が、「こんにちは〜^^」と手を振るとPC画面に男性が映し出されました。(男性は声だけでも自分の姿を映してもどちらでもチャットが行えます)

映し出された画面には黒い服を着たお坊さんが凛々しい顔で座っています。

私が一瞬戸惑っていると、「人生〜〜〜五十年〜〜〜」急に本気の詩吟が始まりました。

お坊さんと詩吟というWインパクトに私は笑いを必死にこらえて真剣に聞いているフリをしました。

中々終わらない詩吟はなんと30分も続きます。

終わったと思った所に私が「すごい!お上手ですね〜!よく歌われるんですか?」と会話をしようとした瞬間にブチッと画面が切れて、

(○○○さんはチャットルームを退室しました)

そう、歌うだけ歌って会話の一言もなしにチャットは終わってしまったのです。

とにかく聴いてほしかったのでしょう。

この仕事をしてて、まさかセンズリではなく吟ズリのお手伝いをするとは思いませんでした。

これもある種のマスターベーションといえるでしょう。

②マッサージ男

画面に映っているのは床に置かれた複数の小型電動マッサージ機。

「???」何が始まるのかと画面を見つめていると、横から50代半ばぐらいの男性が現れました。

「こんにちは!え〜今から僕がやることをみていてもらいたいのですが宜しいでしょうか!?^^」

自分の手を商売人の様にもみながら、えらくハキハキとニコニコしています。

「じゃあ最初はこれからいきまーす!」と言ってまずひとつマッサージ機を掴み取ると電源のスイッチを入れ、自分の腕にマッサージ機を押し当てどの様な使い心地か説明を始めました。

「これは振動がとても細かいんですね〜!音が大きいのが少しネックですが!!!」

通販番組でも見ているかの様で、ジャパネットばりの熱い説明です。5つのこけし君の説明を終えると「では!よければお試しください!!」と満面の笑みでチャットを出ていかれました。通販番組に憧れがあるのか、コントをしているのか、よく分かりません。

上記以外にも変な人は数名いらっしゃいました。

変な人がたくさんいるもんだな〜と思うと同時に、こんな変な映像を観ていることでお金を稼いでいる自分がアホらしくなるのでした。


投稿ありがとうございました。

チャトレのバイトをしていると、たまに変なお客さんいますよね(笑)

くすっと笑える人もいれば、ちょっと怖い思いをしてしまうことも…。

変態さんと本当の変質者(犯罪者?)は紙一重かもしれません(笑)

ポケットワークは稼げるのでよく私も出没しますが、やっぱりたまに変な要求してくる人いますよね。

以前、どうしても母乳を絞っているところが見たいという人がいて、私は子供を出産したわけではないので母乳なんて出ないと何回説明しても納得してくれない大人の赤ちゃんがいました(笑)

ポケットワークでは軽く40万位はいってたのでおすすめです♪


PAGE TOP