チャットレディとして1年程働いて体感したこと

今回の「チャットレディ・テレホンレディお仕事体験談」は、ともさん(42歳 静岡県 事務職)からの投稿です。

本業のお仕事をしながらチャットレディのお仕事をしていたともさん。
短時間で効率よく高収入が稼げるというチャットレディの仕事にかなり魅力を感じていました。
地方在住のため通勤でのお仕事ができなかったともさんは、在宅でチャットレディの仕事開始。
実際に働いていたともさんがチャットレディのお仕事の実態を体験談として投稿して下さいました。

チャットレディ体験談
チャットレディとして1年働いた私がこの仕事に感じたこと

私は数年前にチャットレディをやっていました。

その時は本業を一つもっていて、掛け持ちでやっていました。

なぜチャットレディをやろうかと思ったのかというと、知人がやっていて短時間で効率よく稼げると聞いたからです。

私はその時月給制の仕事をしていたのですが、毎月満足できるくらいの貯金ができず「もっと貯金額を増やしたい」という思いからはじめました。

ブライトグループでお仕事探し

私は住まいが地方で本業もあったので、チャットレディをやるとしても通勤は無理でした。

知人と同じようにPCを使用してチャットレディをやるということを前提に求人を調べてみたら、多数募集していることが分かりました。

その中から選んだのは、経営歴が長く登録している女性や顧客が多い信用できるサイトでした。

仕事をするにあたって必要なのは、PCやスマホなどの端末とWEBカメラやマイクへの接続です。

これらは全て揃っていたので、あとはやる気だけだと思い登録へ踏み出しました。

チャットレディのお給料は分単位

私が登録したところは、給料が分単位で決められていて「パーティー」「2ショット」「双方向」から選べるようになっていました。

一番給料が低いのはパーティーですが、パーティーへの参加人数や覗きなどによって給料が大きく変わるシステムでした。

パーティーは1分40円くらいでしたが、参加人数によって短時間で信じられないくらい稼ぐことができて本当に嬉しかったことを覚えています。

給料は一定の金額を超えている場合は日払いも可能でした。

毎日昼間やっている本業とは全く給料のシステムが違い、時には昼間の本業が馬鹿らしくなるくらい稼げました。

チャットレディ月のお給料はバラバラ

私は週に3回くらいチャットレディをやっていましたが、給料の総額は月によってバラバラでした。

大体1回の出演は3時間程度でしたが、多い月は10万以上だったこともあります。

アダルトはできるだけ避けたかったのですが、やはりお客様に頼まれると嫌とは言い難いものです。

給料のことも考えてアダルトに挑戦したこともありましたが、そんな時はいつもより稼げた気がします。

昼間の仕事が終わって自宅に戻り夕食と入浴を済ませてからチャットレディをやっていたので、出演開始時間も毎回バラバラでしたが、特に時間が決められていない自由な感じがとてもやりやすかったです。

私の場合は基本顔出しはNGで、頼まれた場合のみ2ショットか双方向のみ顔を見せていました。

やはり内容的にも顔出しには抵抗があったのです。

やってよかったチャットレディのアルバイト

チャットレディを1年くらいやってみて、今では経験しておいて本当に良かったと思っています。

ある程度若いうちでないとやりにくいことですし、お客様に「キレイ」とか「かわいい」と言ってもらえる時期には限りがあるので。

チャットレディはやる気さえあれば誰でもやることができるので、少しでも気になっているならとりあえず挑戦することをおすすめします。

ただ、プライバシーを重視する方は顔出しは避けたほうがいいと思います。

誰が観ているか分からないですから。

特に副業は禁止のような厳しい本業をもっている方は、チャットレディの顔出しには気をつけてくださいね。

チャット中は色んなお客様がいて時には傷つくような日もありますが、頑張ってください。

ともさん、体験談の投稿ありがとうございます。
最近はコロナの影響もあり、副業でチャトレをする女性が本当に増えてきました。
今まで以上にライバルが多い状態だと思います。
現役のチャトレの女性に話を聞いてみると、最初のスタートダッシュ時の稼ぎは減っているのは明らかなようですが、すぐに辞めてしまう人も多く、地道に続けているとしっかりお金が稼げると言っていました。
すぐに辞めない忍耐力もこれからは重要となるのでしょう。


PAGE TOP